国内外ニュース

南半球海域にマンボウ新種 日豪研究チームが確認

 マンボウの新種「カクレマンボウ」。後方の「かじびれ」の一部にへこみ(矢印)がある(澤井悦郎博士提供)  マンボウの新種「カクレマンボウ」。後方の「かじびれ」の一部にへこみ(矢印)がある(澤井悦郎博士提供)
 オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息するとの研究成果を日本やオーストラリアなどの研究チームがまとめ、22日までに海外の動物学専門誌に発表した。

 研究に参加した広島大元特別研究員の澤井悦郎博士(魚類分類学)は、外見が似た他のマンボウ類に紛れて研究者から隠れているようだとして、和名を「カクレマンボウ」と命名。「生物多様性の解明が一歩進んだ。今後も新種発見の可能性があり、調査を続けたい」と話している。

 チームによると、確認された新種は最大2・4メートル。

(7月22日5時45分)

科学・環境(7月22日)