国内外ニュース

ユダヤ人入植地で4人死傷 聖地巡り緊張高まる

 21日、エルサレムでイスラエル治安部隊が使った催涙ガスから逃げるパレスチナ人ら(AP=共同)  21日、エルサレムでイスラエル治安部隊が使った催涙ガスから逃げるパレスチナ人ら(AP=共同)
 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ラマラの北方にあるユダヤ人入植地で21日夜、パレスチナ人の男が民家に押し入ってイスラエル人4人を刺し、3人が死亡、1人が負傷した。イスラエルのメディアが伝えた。男は入植地近くに住む19歳で、イスラム原理主義組織ハマスの支持者とみられる。銃撃を受けたが、意識はあるという。

 エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教双方の聖地「神殿の丘」(イスラム名ハラム・アッシャリーフ)の入り口にイスラエルが金属探知機など検問を設置したことに対し、イスラム教徒が反発を強めており、緊張感が高まっている。

(7月22日10時46分)

国際(7月22日)