国内外ニュース

バド今井組、松田組が決勝へ ロシア・オープン

 バドミントンのロシア・オープンは22日、ロシアのウラジオストクで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスで今井優歩、川島美南組(ACTSAIKYO)と松田蒼、荒木茜羽組(岐阜トリッキーパンダース)がそれぞれロシアのペアに3―0で勝ち、決勝で対戦することになった。

 混合ダブルスの松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)荒木組はロシアのペアを3―1で下し、決勝に進んだ。シングルスで男子の丸尾亮太郎(日立情報通信エンジニアリング)、女子の仁平菜月(トナミ運輸)は敗れた。今大会は21点3ゲーム制ではなく、試験的に11点5ゲーム制で実施している。(共同)

(7月22日22時06分)

スポーツ(7月22日)