国内外ニュース

エアロビックのトリオで日本が金 相撲太田は銀、Wゲームズ

 相撲女子中量級で銀メダルを獲得し、夫の雅章さん(左)とポーズをとる太田麻乃=ウロツワフ(共同)  相撲女子中量級で銀メダルを獲得し、夫の雅章さん(左)とポーズをとる太田麻乃=ウロツワフ(共同)
 【ウロツワフ(ポーランド)共同】国際総合大会のワールドゲームズは22日、ポーランドのウロツワフで行われ、エアロビックのトリオで北爪凜々、金井拓海、斉藤瑞己(以上SKJ)の日本が金メダルを獲得した。

 相撲の女子中量級で太田麻乃(沼津市役所)は銀メダルとなり、水沼ひかる(愛媛・津島高)は4位。男子重量級で黒川宗一郎(アイシン軽金属)は弟の宏次朗(拓大)との3位決定戦を制した。

 新体操種目別リボンで皆川夏穂(イオン)は5位だった。

(7月23日9時02分)

国際大会(7月23日)