国内外ニュース

九州豪雨、有明海の流木回収 県と漁協が連携

 九州北部の豪雨で福岡県沖の有明海に漂着したとみられる流木を回収する漁業関係者ら=23日午前  九州北部の豪雨で福岡県沖の有明海に漂着したとみられる流木を回収する漁業関係者ら=23日午前
 九州北部の豪雨で有明海に漂着した流木やごみについて、福岡、佐賀両県は23日、地元漁協などと連携し、海上で本格的な回収作業を実施した。有明海では、漁船のスクリューが流木とぶつかって破損する被害が出ていた。9月にノリ養殖に向けた準備が始まるため、影響を抑える狙いもある。

 この日は、国土交通省九州地方整備局などの清掃船4隻と両県の漁船300隻余りが活動した。千人以上の漁業者が小枝を網ですくい、丸太はロープでくくって集積用の台船まで引っ張った。一部が海底に沈み、動かせない状態の大きな流木は、支柱と旗で印を付けて安全を確保した。作業は早朝から3時間ほどで完了した。

(7月23日11時51分)

社会(7月23日)