国内外ニュース

東京五輪の舞台設定が本格化 最多33競技の日程策定へ

 2020年の東京五輪開幕に向けて、急ピッチで建設工事が進む新国立競技場。奥は選手村の他、多くの競技会場が集中する臨海部=23日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)  2020年の東京五輪開幕に向けて、急ピッチで建設工事が進む新国立競技場。奥は選手村の他、多くの競技会場が集中する臨海部=23日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)
 2020年東京五輪の開幕まで24日であと3年となる。野球・ソフトボールなど開催都市枠で行われる追加種目を含め、史上最多の33競技、339種目の実施が6月に決まり、大会組織委員会などは今後、会場計画の確定や競技日程の策定に取り組み、スポーツの祭典の舞台設定へ本格的な作業に着手する。さらに、東京都の他北海道と7県に会場が広がる広域開催となり、最大の懸案となっている選手や観客の輸送をはじめ、開催費用削減や暑さ対策の課題克服に当たる。

(7月23日16時55分)

国際大会(7月23日)