国内外ニュース

秋田新幹線復旧めどなく 大雨、全日空は席数増やし運航

 秋田県に記録的な大雨が降った影響で、秋田新幹線は24日、大曲―秋田間の復旧のめどが立たず、バスで代行輸送した。全日空は羽田―秋田の1往復を座席数の多い機体に変更して対応した。

 JR東日本秋田支社によると、秋田新幹線は盛岡―大曲間も本数を減らして運行。在来線も奥羽、羽越、田沢湖、北上の各線で影響が出ており、秋田と新潟を結ぶ特急「いなほ」も区間運休するなどした。

 一方、羽田、新千歳、大阪(伊丹)などと結ぶ便がある秋田空港では、日航、全日空とも初便から通常運航。全日空は羽田発の初便と秋田発の午前の1便で、約30席多い機体を使用した。

(7月24日11時21分)

社会(7月24日)