国内外ニュース

日本、17年は1・3%成長 IMF、見通し上方修正

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は23日、最新の世界経済見通しを発表した。2017年の日本の実質国内総生産(GDP)の成長率は1・3%とし、4月時点から0・1ポイント上方修正した。「個人消費や投資、輸出が1~3月期の成長を支えたため」としている。18年は0・6%の従来予想を据え置いた。

 日本以外の主要国・地域では、米国の成長率を17年、18年とも2・1%とし、いずれも下方修正した。トランプ政権が経済政策の柱に据えた減税とインフラ投資の実現に疑問符が付いていることを反映し「市場の期待も後退した」と指摘した。

(7月24日12時16分)

経済(7月24日)