国内外ニュース

イスラエルの製薬会社買収 田辺三菱、1241億円

 田辺三菱製薬は24日、パーキンソン病の治療薬を開発するイスラエルの医薬品メーカー「ニューロダーム」を約11億ドル(約1241億円)で買収すると発表した。米国など海外事業を拡大する狙い。10月末までに全株式を取得し、完全子会社化する予定。

 ニューロダームは、2019年度に米国や欧州でパーキンソン病治療の新薬発売を見込んでいる。田辺三菱は買収により、中期経営計画で目指す米国での売上高800億円の達成が可能になるとしている。

 ニューロダームは03年設立のベンチャー企業で、16年12月期の純損益は約3200万ドルの赤字だった。

(7月24日16時35分)

経済(7月24日)