国内外ニュース

スマホバッテリーを自主回収 UPQ製、焼損事故

 バッテリーが回収対象となったUPQのスマートフォン  バッテリーが回収対象となったUPQのスマートフォン
 家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバッテリーが過熱して焼損する恐れがあるとして、自主回収と無償交換を実施すると発表した。対象品は約6千個。経済産業省によると、昨年9月と今年3月に沖縄県で充電中にバッテリーが焼損する火災が2件発生。けが人は出ていないという。

 他に発煙など火災には至らない事故も4件あったという。

 対象のバッテリーの型番は「UPQ―BPA01」。2015年12月~16年10月に販売したスマホ「UPQ Phone A01X」の付属製品だという。問い合わせはお客様窓口電話(0120)291700。

(7月24日19時26分)

経済(7月24日)