国内外ニュース

東北、北陸で大雨の恐れ 気象庁が警戒呼び掛け

 梅雨前線が停滞している影響により、東北南部から北陸にかけては25日も大雨が降る恐れがある。これまでに降った雨ですでに被害が出ているところもあり、気象庁は24日、引き続き土砂災害や河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、中国大陸から日本列島を経て、オホーツク海へ延びる前線は、25日にかけて停滞を続ける見通しで、そこへ暖かく湿った空気が流れ込んで活動を活発化させている。

 秋田県では、降り始めからの総雨量が秋田市や横手市などの観測点で300ミリを超え、48時間雨量はこれまでの観測記録を更新。新潟県でも佐渡市や村上市で総雨量が200ミリを超えた。

(7月24日19時26分)

社会(7月24日)