国内外ニュース

バレー、嶋岡氏を会長擁立の動き 日本協会

 会長人事を巡って混乱が続く日本バレーボール協会の一部理事が、日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)会長で協会副会長の嶋岡健治氏(68)を擁立しようとしていることが24日、複数の関係者への取材で分かった。会長就任には理事の過半数の賛成が必要。25日の臨時理事会で協議される予定だが、反発の声も多い。

 1972年ミュンヘン五輪男子金メダリストの嶋岡氏については、Vリーグ機構の実績で一部理事が推している。一方、来秋に新リーグ開幕を控えており、プレミアリーグのチームからこの時期の協会会長就任を疑問視する声も強くある。

(7月24日21時16分)

スポーツ(7月24日)