国内外ニュース

「社会秩序著しく乱した」 北京抗議集会、当局が警告

 大規模な抗議集会が開かれた現場周辺に集まった人と警戒する公安関係者ら=24日、北京(共同)  大規模な抗議集会が開かれた現場周辺に集まった人と警戒する公安関係者ら=24日、北京(共同)
 【北京共同】中国・北京市内で開かれた大規模集会を巡り、同市の公安当局は24日夜、「首都の社会秩序を著しく乱した」とする警告文を発表し、慈善組織と称する団体「善心匯」のメンバーらを厳重に取り締まる方針を表明した。

 抗議集会の参加者は、拘束された団体代表の釈放を求めたが、警告文は集会を「違法」と断定し、法律に基づいて犯罪活動に厳しく対応すると強調した。

 インターネット上に投稿された写真や動画によると、22日には北京市の天安門広場でも一部メンバーが座り込みを実施。団体と公安当局のトラブルを巡り、6月にも湖南省長沙市で大規模抗議集会を実施していたという。

(7月25日7時11分)

国際(7月25日)