国内外ニュース

国立公園に統一マーク 環境省、ブランド強化

 国立公園の統一ロゴマーク(環境省提供)  国立公園の統一ロゴマーク(環境省提供)
 環境省は25日、全国に34ある国立公園の利用拡大を目指し、ブランド力を高めるための統一ロゴマークを公表した。太陽が地平線から昇る様子や、赤と青の鮮やかなグラデーションでかすみがかった風景を表現した。

 政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に国立公園を訪れる外国人旅行者を現在の2倍以上の1千万人に増やす方針で、山本公一環境相は記者会見で「国内外の多くの人に日本の国立公園の価値や魅力を伝えたい」と述べた。

 ロゴは、日本語の「国立公園」と英語の「National Parks of Japan」の2種類がある。

(7月25日11時30分)

暮らし・話題(7月25日)