国内外ニュース

熱中症で9歳男児死亡か、奈良 市内の駐車場

 奈良市内の駐車場で24日、駐車中の車内からぐったりしている男児(9)が発見され、搬送後に死亡していたことが奈良県警への取材で25日分かった。熱中症の疑いがあるとみられる。

 奈良県によると、24日午後3時ごろ、市内の駐車場に駐車中の車内で男児が倒れているのを母親が発見、119番した。母親は車の窓を閉めてエンジンを切り、「後から鍵を閉めて来るように」と言い残し、近くの病院に行っていた。

 約1時間半後に戻った際は鍵が閉まっており、救急隊が窓ガラスを割って男児を救出した。医師が熱中症と判断し、25日未明に病院で死亡が確認された。詳しい状況を調べる。

(7月25日13時57分)

社会(7月25日)