国内外ニュース

八重樫、現役続行に前向き 5月に王座陥落

 取材に応じるボクシングの八重樫東=25日、横浜市の大橋ジム  取材に応じるボクシングの八重樫東=25日、横浜市の大橋ジム
 5月に国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座から陥落した34歳の八重樫東(大橋)が25日、横浜市内の所属ジムで取材に応じ「もう一度、体をつくっている。(陣営が)最後の勝負をつくってくれると思っている」と現役続行に前向きな意向を示した。

 世界3階級制覇の実績を誇る八重樫は先週からフィジカルトレーニングを再開。再起を期す場合はスーパーフライ級転向を見据えている。

 5月の防衛戦は1回TKO負け。プロ31戦のダメージも考慮し「壊れているところがあれば、スパッとやめる。(現役が)終わってからの方が人生は長い」とも語った。

(7月25日17時21分)

スポーツ(7月25日)