国内外ニュース

FFGと十八銀との統合無期延期 審査難航も実現に意欲

 記者会見するふくおかフィナンシャルグループの柴戸隆成社長(中央)と十八銀行の森拓二郎頭取(手前)、親和銀行の吉沢俊介頭取=25日午後、福岡市中央区  記者会見するふくおかフィナンシャルグループの柴戸隆成社長(中央)と十八銀行の森拓二郎頭取(手前)、親和銀行の吉沢俊介頭取=25日午後、福岡市中央区
 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の柴戸隆成社長と長崎県地盤の十八銀行の森拓二郎頭取は25日、福岡市で共同記者会見を開き、10月を目標とした経営統合に関し、時期を未定とし再延期すると正式発表した。公正取引委員会による統合審査が難航しているためで、統合協議の長期化は必至だ。柴戸社長は「全ての関係者が納得できる統合を実現するため議論を尽くす」と強調。森頭取も「何としても統合を成し遂げたい」と強い意欲を示し、FFGと共に公取委と協議を続けていく考えを示した。

 統合計画では、2018年10月にFFG傘下の親和銀行と十八銀が合併する予定だった。

(7月25日16時55分)

経済(7月25日)