国内外ニュース

9月以降の残暑も厳しく 少雨傾向も、気象庁3カ月予報

 気象庁は25日、8~10月の各月の平均気温について、全国的に平年並みか平年より高くなるとする3カ月予報を発表した。9月以降の残暑も厳しくなりそうで、熱中症に注意が必要としている。

 気象庁によると、9月は偏西風の蛇行による影響で南からの湿った風が入りにくく、日本列島は高気圧に覆われて晴れる日が多くなる。このため、北日本(北海道、東北)から沖縄・奄美まで全ての地域で気温が高くなると見込まれる。

 雨量は、東日本(関東甲信、東海、北陸)と西日本(近畿、中四国、九州)で9、10月に平年並みか平年より少ないと予想している。

(7月25日17時46分)

社会(7月25日)