国内外ニュース

三菱自は229億円の黒字 17年4~6月、日産効果

 三菱自動車が25日発表した2017年4~6月期連結決算は、純損益が229億円の黒字(前年同期は1297億円の赤字)となった。日産自動車の傘下に入った効果が出て、業績が大幅に回復した。

 本業のもうけを示す営業利益は前年同期の約4・5倍の206億円となった。売上高は2・8%増の4409億円。

 国内の販売台数は、燃費不正問題が発覚する前の水準に戻った。

 海外では、中国で現地生産を始めたスポーツタイプ多目的車(SUV)「アウトランダー」の販売が大きく伸びた。タイやフィリピン市場も好調で、全世界での販売台数は前年同期に比べ9%伸び、約24万1千台となった。

(7月25日18時25分)

経済(7月25日)