国内外ニュース

夜空彩る5千発の花火、大阪 天神祭、船行き交う

 奉納花火が夜空を彩り、最高潮を迎えた天神祭の「船渡御」=25日夜、大阪市  奉納花火が夜空を彩り、最高潮を迎えた天神祭の「船渡御」=25日夜、大阪市
 夏の風物詩、大阪天満宮(大阪市北区)の「天神祭」は25日、市中心部を流れる大川を約100隻の船が行き交う伝統の神事「船渡御」があった。約5千発の奉納花火が夜空を彩ると、24日から行われた祭りは最高潮を迎えた。

 午後6時すぎから、かがり火やちょうちんの照らす川面を、菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船やそれを迎える奉拝船などが、約1万2千人を乗せて太鼓や鐘を鳴らしながら往来。船が擦れ違うと、「打ちまーしょ」の掛け声で始まる独特の「大阪締め」が船や岸から上がった。

 岸や橋の上には見物客がひしめき合い、お祭りムードを楽しんだ。

(7月25日21時06分)

暮らし・話題(7月25日)