国内外ニュース

京大助教、1千万円カラ出張 不正受給で懲戒解雇処分

 京都大の助教がカラ出張で約1千万円を不正受給していたと発表する山本克己副学長(左)ら=25日午後、京都市  京都大の助教がカラ出張で約1千万円を不正受給していたと発表する山本克己副学長(左)ら=25日午後、京都市
 京都大は25日、防災研究所の浜口俊雄助教(49)が、約150件のカラ出張を繰り返し、研究費など計約1千万円を不正受給していたと発表した。同日付で懲戒解雇処分とした。大学側の調査に不正を認めたという。大学は詐欺容疑で刑事告訴する方針。

 京大によると、助教は2007年12月~16年1月、架空の出張旅費を請求し、文部科学省の補助金などを不正に得ていた。領収書の提出が必要ない鉄道で出張したと申請し、交通費や宿泊費、日当を受け取っていた。大学は16年11月、内部通報をきっかけに記録が残っていた期間を調査した。

(7月25日21時35分)

社会(7月25日)