国内外ニュース

オバマケア見直し、審議開始決定 米上院、辛うじて可決

 【ワシントン共同】米上院は25日、トランプ政権が最重要課題に掲げる医療保険制度改革(オバマケア)見直しのための法案審議を開始することを承認した。採決は50対50で拮抗したため、上院議長も兼ねるペンス副大統領の賛成票を得て辛うじて可決された。

 共和党上院トップのマコネル院内総務は週内にオバマケア見直しに関する作業を終える意向を示したが、意見対立が解消するかは不明で、法案の通過は依然見通せない。上院は25日に審議を開始したが、上院共和党が提案した最初の代替案は早くも否決された。

 合衆国憲法は上院の採決で拮抗した場合、副大統領が決裁票を投じると定めている。

(7月26日12時21分)

国際(7月26日)