国内外ニュース

NY株反発、100ドル高 主要企業決算を好感

 【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比100・26ドル高の2万1613・43ドルで取引を終えた。主要企業が発表した2017年4~6月期決算が市場予想を上回る内容だったことで、市場に買い安心感が広がった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・36ポイント高の6412・17、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も7・22ポイント高の2477・13となり、いずれも終値の過去最高値を更新した。

(7月26日8時36分)

経済(7月26日)