国内外ニュース

米商務長官「日本は準備整わず」 通商協定で

 シンポジウムでトランプ米政権の通商政策について話すロス米商務長官(左)=25日、ワシントン(共同)  シンポジウムでトランプ米政権の通商政策について話すロス米商務長官(左)=25日、ワシントン(共同)
 【ワシントン共同】ロス米商務長官は25日、首都ワシントンでのシンポジウムで、日本との通商協定について「日本政府は準備がまだ整っていないと言っている」と述べ、交渉入りには時間がかかるとの見方を示した。

 トランプ政権が離脱した環太平洋連携協定(TPP)に関しては「いくつか良い部分がある」と指摘。米国と各国との通商協定に取り入れたいとの意向を明らかにした。

 日米両政府は経済対話の第2回会合を10月にワシントンで開く方向で調整している。米国は日本との自由貿易協定(FTA)に意欲を見せており、この会合では交渉入りの時期も議題になる可能性がある。

(7月26日6時45分)

経済(7月26日)