国内外ニュース

リビア対立勢力が停戦合意 フランス仲介、選挙実施も

 25日、パリ郊外で握手するリビアのシラージュ暫定首相(左)とハフタル司令官(右)。フランスのマクロン大統領(中央)が会談を仲介した(ロイター=共同)  25日、パリ郊外で握手するリビアのシラージュ暫定首相(左)とハフタル司令官(右)。フランスのマクロン大統領(中央)が会談を仲介した(ロイター=共同)
 【カイロ共同】国家分裂状態のリビア情勢を巡り、シラージュ暫定首相と、対立勢力である有力軍事組織を率いるハフタル司令官は25日、フランスの仲介によりパリ郊外で会談し、停戦と選挙の実施に向けて協力することで合意した。会談後、フランスのマクロン大統領は選挙の時期について「来年の春」と述べた。

 リビアは2011年の中東民主化運動「アラブの春」でカダフィ独裁体制が崩壊後に分裂し、過激派組織「イスラム国」(IS)が浸透するなど治安が悪化した。互いの正統性を認めるかどうかなど実効性は不透明だが、対立する二大勢力の合意で、停滞した民主化が再び動きだす可能性もある。

(7月26日9時41分)

国際(7月26日)