国内外ニュース

日銀、粘り強く大規模緩和策推進 副総裁が広島で講演

 日銀の中曽宏副総裁は26日、広島市で講演し、物価上昇率2%目標の実現まで「なお距離がある」との認識を示した上で、現行の大規模な金融緩和策を「粘り強く推進していく」と表明した。日銀の金融政策と政府の構造改革がしっかりとかみ合うことが「日本経済を持続的な成長軌道に戻す」と強調した。

 中曽氏は、企業がIT活用などの省力化投資を進めることで賃金や物価が上がりにくくなっていると分析。こうした状況が「デフレ心理を払拭する難しさの正体なのかもしれない」とした。

 景気が拡大し、家計消費が活発化すれば、物価上昇率が持続的に高まる循環機能が「本格的に作動してくる」と訴えた。

(7月26日11時55分)

経済(7月26日)