国内外ニュース

「残業代ゼロ」法案修正前向き 菅氏、連合との合意見送りでも

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、一部専門職を残業代支払いなど労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」創設を盛り込んだ労働基準法改正案に関し、連合との合意がなくても法案修正を前向きに検討し、秋の臨時国会で成立を目指す考えを示した。

 政府は連合の要請を受け、月内に政労使で修正に関して合意する予定だったが、連合内部の反発で見送りとなった。会見で菅氏は「労働者団体の代表の意見を重く受け止め、責任を持って検討する」と強調した。「改正案の早期成立に向け、関係者の理解を得られるよう努力したい」とも述べた。

(7月26日13時16分)

政治(7月26日)