国内外ニュース

ソフトBの内川骨折、全治6週間 守備で左手親指負傷

 内川聖一外野手  内川聖一外野手
 ソフトバンクは、内川聖一外野手(34)が仙台市内の病院で「左手母指基節骨尺側基部の剥離骨折」で全治6週間の見込みと診断されたと26日、発表した。同日、出場選手登録を外れた。

 内川は23日のロッテ戦の八回、一塁の守備で打球を処理した際に左手親指を負傷。腫れが引かないため検査を受けた。

(7月26日16時40分)

プロ野球(7月26日)