国内外ニュース

タカタ、27日に上場廃止 再生へ協議本格化

 欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタは27日、東京証券取引所1部で取引される株式が上場廃止となる。上場企業として2006年11月以来約11年間歩み、26日に最後の売買を終えた。今後は、裁判所に提出する再生計画を今年11月までに策定し、中国系米企業の傘下に入る協議を本格化させる。

 26日の終値は前日比4円(18・18%)安の18円だった。朝方から短時間の売買での利益を狙った投機的な注文が交錯し、取引開始時に20円だった株価が35円まで上昇する場面もあった。終了時には3720万株の売買が成立した。

 タカタによると、株主は3月末時点で2万4千人超という。

(7月26日17時21分)

経済(7月26日)