国内外ニュース

東京円、111円台後半

 26日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前日比64銭円安ドル高の1ドル=111円83~85銭。ユーロは49銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円05~09銭。

 米長期金利の上昇で日米の金利差が拡大するとの思惑を背景に、円を売ってドルを買う動きが優勢となった。日経平均株価の上昇も、投資家のリスク回避姿勢を後退させ、比較的安全とされる通貨の円を売る動きにつながった。

 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を前に、ドルを買い戻す動きが広がった」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

(7月26日18時01分)

経済(7月26日)