国内外ニュース

欅坂46握手会中断で起訴 発炎筒点火、札幌の男

 6月24日、「欅坂46」の握手会で、発炎筒のようなものから上がる白煙=千葉市の幕張メッセ(参加者提供)  6月24日、「欅坂46」の握手会で、発炎筒のようなものから上がる白煙=千葉市の幕張メッセ(参加者提供)
 千葉地検は26日、千葉市の幕張メッセであったアイドルグループ「欅坂46」の握手会で発炎筒に点火してイベントを中断させた上、果物ナイフを所持していたとして、威力業務妨害と銃刀法違反の罪で、札幌市の無職の男(25)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、阿部被告は6月24日午後7時40分ごろ、握手会中に発炎筒に点火してイベントを中断させたほか、会場で果物ナイフを所持したとしている。

 捜査関係者によると、調べにメンバー1人の名前を挙げ「思い描くイメージが崩れていくのが許せなかった。イメージを守りたくて刺して殺そうと思った」と供述していた。

(7月26日19時06分)

社会(7月26日)