国内外ニュース

任天堂、売上高が2・5倍に 4~6月期、スイッチ好調

 任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」  任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」
 任天堂が26日発表した2017年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比約2・5倍の1540億円、純損益は245億円の赤字から212億円の黒字に転換した。今年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」や関連ソフトの販売が好調で、業績が大幅に改善した。

 4~6月のスイッチの世界販売台数は197万台で、3月からの累計販売台数は470万台に伸びた。国内でも累計112万台売れ、ヒット商品になっている。18年3月末までに世界で1千万台販売する計画の達成に向け、広報担当者は「順調な売れ行き」と説明している。

(7月26日20時15分)

経済(7月26日)