国内外ニュース

柔道、阿部らが金メダル宣言 世界選手権の代表壮行式

 柔道の世界選手権の日本代表壮行式で一礼する、男子66キロ級の阿部一二三=26日、東京都文京区の講道館  柔道の世界選手権の日本代表壮行式で一礼する、男子66キロ級の阿部一二三=26日、東京都文京区の講道館
 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、世界選手権(8~9月・ブダペスト)の日本代表壮行式を東京都文京区の講道館で開き、男子66キロ級で初出場の19歳、阿部一二三(日体大)は「一本を取る柔道をして絶対に金メダルを取る」と宣言した。

 リオ五輪男子100キロ超級銀メダルで初出場の原沢久喜(日本中央競馬会)は「一戦一戦全力で闘い、優勝を目指す」と意気込み、男子の井上康生監督は「日本代表の誇りを懸けて全身全霊で闘う」と抱負を述べた。

 女子では78キロ超級の20歳、朝比奈沙羅(東海大)が「自分らしさを精いっぱい表現できるよう頑張る」と初の大舞台へ意欲。

(7月26日20時45分)

国際大会(7月26日)