国内外ニュース

男子フルーレで日本7位 世界フェンシング最終日

 男子フルーレ団体準々決勝のロシア戦でポイントを奪われ、膝をつく西藤=ライプチヒ(共同)  男子フルーレ団体準々決勝のロシア戦でポイントを奪われ、膝をつく西藤=ライプチヒ(共同)
 【ライプチヒ(ドイツ)共同】フェンシングの世界選手権最終日は26日、ドイツのライプチヒで団体2種目が行われ、男子フルーレの日本(西藤、敷根、松山、鈴村)は7位だった。準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルのロシアに敗れ、5~8位決定予備戦は韓国に屈した。7位決定戦では中国に競り勝った。

 女子エペ(下大川、山田、大橋、鈴木)は1回戦でアルゼンチンに敗退した。

(7月27日0時26分)

国際大会(7月27日)