国内外ニュース

NY円、111円前半 年内の米利上げ観測後退

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=111円前半で取引された。111円後半で取引が始まった後、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を受け年内の追加利上げ観測が後退すると、ドル売り円買いが急速に進んだ。

 午後5時現在は前日比75銭円高ドル安の1ドル=111円10~20銭。ユーロは1ユーロ=1・1729~39ドル、130円40~50銭。

(7月27日6時51分)

経済(7月27日)