国内外ニュース

陸上自衛隊トップ、辞任へ 稲田氏関与、最大焦点

 防衛省に入る岡部俊哉陸上幕僚長=27日午前  防衛省に入る岡部俊哉陸上幕僚長=27日午前
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽問題で、陸上自衛隊トップの岡部俊哉陸上幕僚長が辞意を固めたことが分かった。政府関係者が27日、明らかにした。防衛省内では事実上の引責辞任との見方が強い。防衛省は28日に特別防衛監察の結果を公表、関係者の処分も併せて発表する方向で、日報の非公表方針を了承した稲田朋美防衛相の関与を認定するかが最大の焦点になる。黒江哲郎事務次官の辞任論も浮上している。

 一連の問題は情報公開請求を受けた後、陸自で「日報は行政文書に当たらない」と幹部が判断した不適切な対応が発端となった。

(7月27日12時12分)

社会(7月27日)