国内外ニュース

耳不自由で踏切警報音に気付かず JR小海線の女性死亡事故

 運輸安全委員会は27日、長野県佐久市のJR小海線の踏切で昨年11月、列車に女性=当時(81)=がはねられて死亡した事故は、耳が不自由だった女性が警報音や列車の警笛に気付かずに踏切に入った可能性があるとする報告書を公表した。

 報告書によると、事故は昨年11月10日に発生。現場の踏切は警報機のみで遮断機はなく、列車の接近を点滅で知らせる赤色灯が、歩行者側からは確認しにくい位置にあった。

 赤色灯は高さ2・5メートルに設置され、身長が約150センチだった女性からは見えにくい上、当日はつばの広い帽子をかぶっており、視界の上の方が狭くなっていた可能性もあったという。

(7月27日10時06分)

社会(7月27日)