国内外ニュース

連合、「残業代ゼロ」容認撤回 政労使合意見送り

 政労使による労基法改正案の修正合意の見送りを正式表明した連合の神津里季生会長(左)=27日午後、札幌市中央区  政労使による労基法改正案の修正合意の見送りを正式表明した連合の神津里季生会長(左)=27日午後、札幌市中央区
 高収入の一部専門職を残業代支払いなど労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案の修正を巡り、連合は27日、札幌市内で臨時の中央執行委員会を開催。政労使での修正合意を見送り、新制度への事実上の容認姿勢を撤回すると決めた。

 神津里季生会長は同日午後に記者会見し「合意できる内容に至らなかった。理にかなった判断で政府との関係がおかしくなるとは思っていない」と述べ、見送りを正式表明した。

 委員会の出席者によると、神津会長は、執行部が政府に改正案修正を要請したことで組織内に混乱を招いたとして謝罪した。

(7月27日13時41分)

経済(7月27日)