国内外ニュース

最低賃金25円引き上げを答申 厚労省審議会、過去最高

 厚生労働相の諮問機関である中央最低賃金審議会は27日、2017年度の地域別最低賃金について、全国平均の時給で25円引き上げ848円とするよう求める目安を塩崎恭久厚労相に答申した。

 最低賃金は都道府県ごとに決められており毎年度改定される。25円の上げ幅は2年連続で、現在の方式となった02年度以降の最高額。政府が目標として掲げる「3%程度」の上げ幅を確保する形となった。

 中央審議会の答申を受け、各都道府県の地方審議会が地域の経済情勢などを踏まえ実際の引き上げ額を決める。1円程度上積みされる場合もある。新たな額は10月ごろから適用される予定。

(7月27日10時56分)

暮らし・話題(7月27日)