国内外ニュース

宝くじ収益の活用検討 五輪都外経費で東京都

 東京都内の宝くじ売り場  東京都内の宝くじ売り場
 2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担問題で、予備費を除く開催費用総額1兆3850億円のうち、結論が先送りされた東京都外の会場の運営経費350億円に関し、都が宝くじの収益を充てることを含めて検討していることが27日、都への取材で分かった。

 都が検討しているのは、既に昨年から発行が始まった20年東京五輪・パラリンピックの協賛宝くじ。都道府県と政令指定都市でつくる全国自治宝くじ事務協議会が20年度まで発行し、収益約126億円が大会経費に充てられることになっている。

(7月27日12時12分)

国際大会(7月27日)