国内外ニュース

民進・蓮舫代表が辞意 進退を最終判断へ

 民進党の蓮舫代表  民進党の蓮舫代表
 民進党の蓮舫代表が周囲に辞意を漏らしていることが27日、分かった。複数の関係者が明らかにした。代表として進退について最終判断し、午後の記者会見で見解を示すとみられる。東京都議選敗北の執行部責任を追及する声を踏まえたとみられる。

 昨年9月の就任の際は、高い知名度を武器に党勢回復を期待されたが、旧民主党政権時代の「負のイメージ」を払拭できずに党支持率は低迷。都議選では公認候補の離党が相次いだ。野党第1党の混迷は一段と深まりそうだ。

 民進党は27日昼、臨時執行役員会を国会内で開催した。野田佳彦幹事長は25日に都議選敗北の責任を取って辞任する意向を表明している。

(7月27日14時01分)

政治(7月27日)