国内外ニュース

原発の現場で異例の聴取 規制委員長、東電の柏崎刈羽で

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は27日、再稼働の前提となっている審査が終盤を迎えている東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を訪れ、所長らから、運転責任者としての安全確保に関する考え方などの聴取を始めた。委員長が審査中の原発を視察し、現場の担当者から聞き取りをするのは異例。聴取は2日間の日程で、作業員や技術者も対象にする。

 6、7号機の審査合格は、福島第1原発事故を起こした東電が再び原発を動かすことへの容認となるため、田中氏は「(合否判断の前に)現場の安全意識が育っているか確認が必要だ」と述べていた。

(7月27日14時05分)

科学・環境(7月27日)