国内外ニュース

日本人ますます長生き、厚労省 平均寿命、世界2位

 4月、大阪・造幣局の特別観桜会で「桜の通り抜け」を楽しむお年寄り  4月、大阪・造幣局の特別観桜会で「桜の通り抜け」を楽しむお年寄り
 2016年の日本人の平均寿命は女性が87・14歳、男性が80・98歳となり、いずれも過去最高を更新したことが27日、厚生労働省が公表した簡易生命表で分かった。男性が世界4位から順位を上げ、女性とともに香港に次ぐ2位となった。15年と比べると、女性は0・15歳、男性は0・23歳のプラスとなり、5年連続の延びとなった。

 厚労省は「生活環境の改善が進んだことや、自殺者が減ったことも影響」としている。

 主な国・地域の平均寿命によると、女性は1位香港(87・34歳)、3位スペイン(85・42歳)。男性も1位香港(81・32歳)で、3位キプロス(80・9歳)。

(7月27日16時45分)

医療・健康(7月27日)