国内外ニュース

会見で「大統領大好き」手紙朗読 米政権、記者団びっくり

 記者会見中のサンダース米大統領報道官=26日、ホワイトハウス(AP=共同)  記者会見中のサンダース米大統領報道官=26日、ホワイトハウス(AP=共同)
 トランプ米政権が広報体制の刷新を発表した後、初めての記者会見が26日、ホワイトハウスで開かれた。最近ほとんど認められなかったテレビカメラの撮影が許可され、会見は正常化の兆しを見せた。だがサンダース大統領報道官は、子どもがトランプ大統領に宛てて「大好きな大統領」と書いた手紙を朗読するなど、宣伝色を前面に出したスタイルを打ち出し、記者団を驚かせた。

 会見でサンダース氏は、「9歳のディラン君」がトランプ氏に送った手紙を朗読。「なぜ人々があなたを嫌うのか分からない。あなたは本当に素晴らしい。僕たちは友達になれますか」と読み上げた。

(7月27日16時55分)

国際(7月27日)