国内外ニュース

スポーツ映像のインターン実施 名古屋テレビと中京大が連携

 覚書を手に握手を交わす中京大の安村仁志学長(左)と名古屋テレビの横井正彦社長=27日午後、名古屋市  覚書を手に握手を交わす中京大の安村仁志学長(左)と名古屋テレビの横井正彦社長=27日午後、名古屋市
 名古屋テレビ放送(名古屋市)と中京大(同)は27日、スポーツ映像に特化したインターンシップ(就業体験)を、10月から連携して実施すると発表した。期間は1年で、中京大の2、3年生の5人が参加する。初年度は、来年3月までの半年間を予定している。

 名古屋テレビの社員から撮影、編集の方法といった指導を受け、中京大所属の選手を取材する。完成した映像は動画投稿サイト「ユーチューブ」や、同社の番組で流す。

 中京大には運動部が39あり、フィギュアスケート男子の宇野昌磨選手ら世界で活躍するアスリートも在籍。名古屋テレビには、有望な選手の学生時代の姿を記録できる利点がある。

(7月27日17時56分)

スポーツ(7月27日)