国内外ニュース

公共放送から「公共メディア」へ 就任半年のNHK会長

 インタビューに答えるNHKの上田良一会長  インタビューに答えるNHKの上田良一会長
 今年1月の就任から半年を迎えたNHKの上田良一会長(68)が27日、共同通信などのインタビューに応じ、「公共放送から公共メディアへの足場をつくっていくのが、私にとって一番大きな課題。与えられた任期の中で方向付けをしたい」と、インターネットと放送の融合の推進に強い意欲を示した。

 この半年間の成果については「NHKを正常化できたこと。こう話すと前が正常でなかったようになってしまうが、国会で予算が全会一致で承認されたことは大事だった」と振り返った。前会長の籾井勝人氏の任期中は、籾井氏の問題発言などで、全会一致の慣例が3年連続で崩れていた。

(7月27日18時21分)

文化・芸能(7月27日)