国内外ニュース

性暴力の被害者「実態調査を」 法務省に要望書

 法務省に要望書を提出後、記者会見する「Spring」代表理事の山本潤さん(左)=27日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ  法務省に要望書を提出後、記者会見する「Spring」代表理事の山本潤さん(左)=27日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 性犯罪を厳罰化する改正刑法が今月施行されたことを受けて、父親から性的虐待を受けた経験を持つ山本潤さんが代表理事を務める団体「Spring」が27日、性暴力の実態調査などを求める要望書を法務省の井野俊郎政務官に手渡した。

 改正刑法では、強姦罪の名称を強制性交罪に変更し、法定刑の下限も引き上げたが、被害者の抵抗が著しく困難な暴行や脅迫がなければ、罪が適用されない仕組みは維持された。

 要望書では、暴行や脅迫の認定は被害者の心理や相手方との関係などを適切に踏まえる必要があると指摘。心理学などの調査を進め、警察官や裁判官にその結果を受けた研修を実施するよう求めた。

(7月27日18時45分)

社会(7月27日)