国内外ニュース

AIが眠気を先回り予測 パナ、10月から試験提供へ

 パナソニックが開発した居眠りや事故を防止する技術を使ったシステム=27日、大阪市  パナソニックが開発した居眠りや事故を防止する技術を使ったシステム=27日、大阪市
 パナソニックは27日、車を運転中のドライバーの眠気を、表情などから本人が自覚するより前に人工知能(AI)が先回りして検知し、居眠りや事故を防止する技術を開発したと発表した。15分後の眠気の状態なら70%の確率で予測でき、最大30分程度なら実用化が可能と見込んでいる。

 車のほかオフィスなどへの導入を目指しており、10月から自動車メーカーなどに試験提供する。

 パナソニックが同日公開したシステムでは、運転席前部に設置されたカメラでドライバーのまばたきや表情を検知し、約1800の判断項目に照らし現在の眠気度合いを計測。さらに、眠気がどう推移していくかも予測する。

(7月27日19時12分)

経済(7月27日)