国内外ニュース

富士山の落書き矢印53カ所 山梨県が現地調査

 山梨県の調査で富士山の7合目付近で見つかった岩に書かれた矢印=27日(山梨県提供)  山梨県の調査で富士山の7合目付近で見つかった岩に書かれた矢印=27日(山梨県提供)
 静岡県小山町の富士山須走口7合目の山小屋「見晴館」付近で、本来の登山ルートとは違う方向を示す矢印の落書きが見つかったことを受け、山梨県などが27日、現地調査を実施した。山梨側の吉田口下山道に近い岩も含め、白いペンキなどで書かれた矢印の落書きを53カ所で確認した。

 整備された道ではないため足場が悪く、滑落の危険がある岩場がある。県は文化財保護法や自然公園法違反にあたる恐れもあるとみて、慎重に対応を検討する。

 山梨県世界遺産富士山課は「悪質ないたずらというより、誰かが『山頂を迂回した近道の目印に』と付けた可能性がある」としている。

(7月27日20時01分)

社会(7月27日)