国内外ニュース

小池知事「五輪宝くじ有効活用」 追加発行へ関係自治体と調整

 報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=27日午後、盛岡市  報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=27日午後、盛岡市
 東京都の小池百合子知事は27日、2020年東京五輪・パラリンピック開催費用のうち、負担枠組みが決まっていない都外会場の運営経費350億円に関し「さまざまな費用を今精査している。オールジャパンになる聖火リレーを含む形で、宝くじを有効に活用していく」と話した。

 全国知事会議で訪れている盛岡市内で報道陣の取材に応じた。ただ、宝くじ収益の詳細な使途や追加発行額の規模を問われると「関係自治体と調整しているところ。今後、詰めていきたい」と述べるにとどめた。

 都は、五輪・パラリンピックの協賛宝くじを追加発行するなどして、都外運営費に活用する検討を始めた。

(7月27日21時30分)

国際大会(7月27日)